グッドサポートプラス1は、出入国在留管理庁において許可される「外国人が日本で働くことができる在留資格(就労ビザ)」についてわかりやすく、具体的にご説明しております。外国人の雇用をお考えの企業様、他士業の先生からのご相談をお受けしております。お気軽にご相談ください。

開業20年安心、信頼で企業に貢献する

グッドサポートプラス1
(鈴木行政書士事務所)

 

〒101-0026 東京都千代田区神田佐久間河岸70番 第二田中ビル23
TEL、FAX:03-5207-2887

事務所は秋葉原駅から徒歩3分です。

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

03-5207-2887

よくあるご質問

ここでは皆様からよせられるご質問をご紹介します。どうぞ参考にしてください。

 

相談したい時はどうしたらいいの?有料ですか?無料ですか?

どうぞお気軽にお問合せください

ホームページからのメールでのご相談、電話での無料のご相談に応じております。但し、無料のご相談では、一般的な内容のご相談だけをお受けしています。例えば、申請の要件や必要書類などです。内容が個人的、具体的な内容等になる場合には、有料にて面談で行っています。なぜなら電話やメールでは、その内容が誤解されて受け取られる場合があり、お客様に不利益を生じさせる場合があるからです。有料のご相談の後、ご依頼のときには、ご相談料は報酬からお引きいたしています。お気軽にご相談ください。

申請した後、追加書類で理由書をもとめられました。
その書類だけ作成してもらえますか?

書類作成、理由書作成、追加理由書を承ります

申請後出入国在留管理局から追加書類として、理由書を求められるケースがあります。

理由書は、すべて申請に必ず添付しなければならないものではありませんが、ご自身の現況や審査の際に入管に知っていてほしいことなどを書面にして提出すると良いと思われます。

例えば、以前の在留資格を変更する場合、更新までに転職した場合などは、(所属機関の届出も必要)、なぜ変更する必要があるのか、転職した理由などを書いた理由書を添付することが望ましいと言えます。

追加書類で理由書や課税証明書などを求められるのは、よくあることです。但し、追加書類は許可、不許可に大きな影響を与えると思われる重要な書面となりますので、慎重な対応が必要です。

当事務所では、出入国在留管理局が求める簡潔かつ適正な内容の理由書の作成に努めております。

追加理由書のみもお引受できます。

しかし、それは申請をするのと同じくらい大切な作業ですので、報酬が高くなりますことをご理解ください。

在留期間更新申請のとき、申請人は日本にいなければいけないのですか?

取次行政書士は、申請を代行できますが、申請人が日本にいることが必要です

在留資格変更申請、在留期間更新申請は、申請人が申請時日本に滞在していなければなりません。在留資格認定証明書交付申請は、申請人が日本にいない場合、申請代理人がいれば申請することができます。また申請代理人がいない場合、ご本人が短期滞在などで日本にいればできる場合などもありますので、詳しくはお電話でお問い合わせください。

行政書士の中には、申請取次行政書士といい申請を取次することができる者がいます。

これらの者は、入管の手続きの研修を受け入国管理局へ届け出ることにより業務を行っています。

当事務所では、入国管理局への申請実績も良好で、審査期間も早いのが特徴です。

入国管理局から不許可の通知がきました。一緒に理由を聞きにいってくれますか。

どうぞお気軽にお問合せください

入国管理局への同行もお受けしてしています。しかし、東京入国管理局の永住審査部門では、現在は申請人若しくは取次者の方にだけ不許可理由をお話していますので、、その場合は同席はできません。ご自身で申請し、不許可の通知が届いた時には、ご自身でその理由を正確に理解できるまで聞くことが大切です。その理由をふまえ、これからについて相談を受けております。

 

行政書士では、対応できないことはどうしますか?

提携する弁護士、税理士、司法書士、社会保険労務士などがいます

士業と言われる弁護士、税理士、司法書士、社会保険労務士などは、高度な専門知識をもつ国家資格者です。しかし、他の士業の専門業務を業とすることは制限されていることがあり、会社様からすると、誰に何を頼んだら良いのかわからないというご意見をよく耳にします。鈴木行政書士事務所では、他の士業と連携し、ワンストップサービスを実現することで、会社様のニーズに答えています。行政書士という立場と経営コンサルタントとしての立場で、幅広い視野で会社様を支えていきますので、安心してお任せください。

その他のメニュー

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-5207-2887

携帯電話:080-3503-4864(日本語)

 ベトナム語・中国語の通訳を用意できます。

    ご予約時にお申し出ください。

直接携帯電話へどうぞ

     (携帯電話受付時間 10時~18時)