スマイルビザは、外国人のビザの悩みを解決します。お気軽にご相談ください。女性行政書士が丁寧にお答えいたします。

開業20年安心、信頼で貴方を笑顔にする

スマイルビザ
(鈴木行政書士事務所)

 

〒101-0026 東京都千代田区神田佐久間河岸70番田中ビル23
TEL:03-5207-2887

事務所は秋葉原駅から徒歩3分です。

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

03-5207-2887

外国人が日本に在留するには

日本への上陸

外国人の方が日本に上陸するためには、出入国港において入国審査官による上陸審査を受けなければなりません。上陸審査には有効な旅券(以下、パスポート)と査証(以下、ビザ)が必要です。短期滞在目的で上陸する場合、査証免除国の方についてはビザは免除されています。上陸審査は、在留資格の活動が真実であるかどうか、更に上陸許可審査基準の適用がある在留資格においては適合しているかどうか、在留期間が適合しているか、上陸拒否事由に該当していないかどうか、を審査します。

そして、旅券に上陸許可の証印を受け、合法的に上陸することができます。

在留資格と在留期間、在留カード

外国人が日本で滞在するには、活動に見合う一つ在留資格と在留期間を許可されていなければなりません。

在留資格には大きく分けて、就労できる在留資格と就労できない在留資格があります。(在留資格のページをご覧ください)ですから、就労できない留学生や家族滞在の方はアルバイトをする場合には資格外活動許可(稼動時間は週28時間以内・風俗営業等の従事は除く)が必要です。許可なくアルバイトをすることはできません。また、外国人を雇用する雇用主も、就労できる在留資格であるか、更に就労内容が在留資格に合致するかを確認しなければなりません。

また在留資格には、就労制限がない在留資格があります。外国人の方が日本人との身分関係により許可される在留資格です。たとえば日本人と婚姻している配偶者等、日本にいる永住者と婚姻している配偶者等、特別永住者の方、日系人の子、孫など、日本との深い関係があり在留を許可されている方がいらっしゃいます。これらの在留資格は就労することの制限はありません。

在留資格により、許可される在留期間が決められています在留期間には3月、4月(新設)、6月、1年、1年3月、2年、2年3月、3年、3年3月、4年、4年3月、5年があります。

また、観光や親族訪問で日本に上陸される短期滞在の在留資格の方もいらっしゃいます。この方は、日本での就労はできないことになっています。

また日本への上陸の際、入国審査管理官により在留資格と在留期間が決められ、在留カードが発行されます(発行されない出入国港もあります)。在留カードは、3月以下の在留が決定した者、短期滞在の在留資格の者、外交または公用の在留資格の者、それに準ずる者には、交付されません。在留カードには、外国人の方の氏名、生年月日、住所(未定の場合もあります)、在留資格、在留期間、就労の可否、許可の種類、許可日、交付日、カードの有効期間が記載されています。在留カードの有効期間は、在留期間の満了日までです。在留資格変更申請、在留期間更新申請のときには、新しい在留カードが発行されます。在留期間のない永住者は、16歳以上の方は交付から7年間、16歳未満の方は16歳の誕生日までとされています。

永住・帰化

永住、帰化には申請に際し要件があります。詳しくは、永住、帰化のページをご覧下さい。

外国人の方の生活

外国人の方は、在留資格や永住、帰化が許可され、本格的に日本での生活が始まり、長期間日本で生活していくことになります。それを機会に会社を設立されたり、マンションを購入されたりする方もいます。鈴木行政書士事務所では、それからが、外国人の方の強い味方となっていきます。会社におけるビジネスパートナーとしての許認可申請や創業資金、制度融資、また重大な契約書の締結、売掛金請求や交通事故損害賠償請求のための内容証明書などの作成や対応のアドバイスをしております。提携している専門家(弁護士・税理士・司法書士・社会保険労務士)と協力し、全面的にサポートしていきます。

その他のメニュー

在留資格について説明しております。

永住申請

永住について説明しております。

会社設立について説明しております。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-5207-2887

携帯電話:080-3503-4864(日本語)

     080-3559-8835

      (中国語、ベトナム語等)

         へ直接どうぞ

     (携帯電話受付時間 10時~18時)

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

03-5207-2887

身近で頼れる行政書士を目指しています。お気軽にお電話ください。

ごあいさつ

 行政書士 鈴木 操

身近で頼れる行政書士を目指しております。お気軽にご相談ください。